苔の専門サイト 日本苔技術協会 > 研究レポート

苔の研究レポート

028 ウマスギゴケを育てる

 ウマスギゴケは一年で3~5センチほど成長し、移植から3年ほど経つと株高が15㎝ほどにもなり、倒伏現象を起こすようになります。ウマスギゴケの茎葉体が倒伏すると、コロニーが崩壊して過乾燥を招き、枯死に至ります。これはウマスギゴケの生態ともいえる現象です。
 
28_seitai_1.jpg
 
 2020年8月 新潟市江南区 松島邸の倒伏枯死現象
 
 この倒伏枯死現象を防止する技術は、今のところ、茎高管理しかありません。数年に一度、コロニーの刈り込みを行い、茎高を5センチほどに管理することです。ただし、コロニーを刈り込むと、その茎葉体は枯死しますので、刈り込みの条件を理解して実施しなければなりません。刈り込みの条件は幾つかありますが、重要なのは、ウマスギゴケのコロニーの仮根が、基盤土中にしっかりと繁殖していることです。
 ウマスギゴケの仮根が繁殖しているかどうか、これを見極めるのはかなり難しい技術です。少なくとも、種を播種して発芽を促し、その後、茎葉体の成長と共に仮根が生育して十分に繁殖するようになるまで、最低2年ほどかかります。ウマスギゴケのコロニーの一部を基盤土ごと採取して、丁寧に水洗いしてやることで、仮根の成長具合を観察することができますが、簡単な作業ではありません。
 ウマスギゴケは、毎年、仮根部から新芽を発生するという生態を持っています。この仮根の繁殖は、新芽の発生株数に比例しています。苔神のこれまでの観察から、新芽の発生株数が、単位面積(10×10㎝)あたり200株~300株/年ほどになると、仮根が十分に繁殖していると判断することができます。
 
28_seitai_2.jpg
 
 左:ウマスギゴケの仮根束を観察       右:仮根から新芽の発生を観察
 
 ウマスギゴケの仮根が十分に繫殖していれば、倒伏を防止するために伸びた茎葉体を刈り込んだ後、新たな新株が発生し、コロニーを復元してくれます。これが茎高管理で刈り込みを行う時の重要な条件なのです。ウマスギゴケの刈り込みとコロニーの再生については、№026「ウマスギゴケの倒伏枯死防止法」でも取り上げました。
 
28_seitai_3.jpg
 
 左:2020年3月 刈り込み前      右:刈り込み後
 
28_seitai_4.jpg
 
 左:2020年5月23日         右:2020年7月26日 コロニー再生
 
 庭園の基盤土中に仮根を十分に繁殖させることは、ウマスギゴケの育成にとっては欠くことのできない重要な生態なのですが、人工的に作られた庭園では、ウマスギゴケの仮根はほとんど育てられていません。何故なのでしょうか?その理由の一番に挙げられるのは、ウマスギゴケの仮根が何なのか、ほとんどの人が知らないことです。
 ウマスギゴケを庭園に移植する造園家の仕事を見ていると、まず、仮根が切除された苗を使用しています。本来、仮根を庭園に移植して、そこから発生する新芽を育てることで、ウマスギゴケのコロニーを育成し、さらに、庭園の基盤土中に仮根層を育成しなければならないのに、仮根が切除された苗を移植するとは、まるで切り花を庭に植えこんでやるような仕事していることになります。切り花と言っても、ウマスギゴケの茎葉体はそのまま数年間は育ちますので、それくらい持てば、造園家の仕事は十分であると考える方もいるようですが、これでは庭園のウマスギゴケを育てたことにはならないのです。
                               by 苔神
    

018 コケの展示会

 2021年3月1日から、新潟市の第四北越銀行 住吉町支店で、コケの展示会が行われています。
 第四北越銀行 住吉町支店は、苔神が利用するメインバンクです。先日、たまたま苔神を訪れた行員に苔の話をした時に、「支店で苔の展示をして、お客さんから見て頂くのはどうですか?」と持ち掛けたら、「それはいいアイデアです」と早速、展示会が実現しました。
 作品の展示には、苔神の他に、新潟市の横山恵里子会員、丸山雄一会員、胎内市の朽網裕子会員から作品を寄せて頂いています。

 第四北越銀行 住吉町支店内の展示風景
18%20q%26a1.jpg
 
 横山恵里子会員の作品と苔神、北川の作品
18%20q%26a2.jpg
 
 朽網裕子会員の作品と丸山雄一会員の作品
18%20q%26a3.jpg
 
 この展示会は3月12日までの予定です。第四北越銀行は月曜日から金曜日、午前9時~午後3時の営業時間中(途中、午前11時30分から12時30分の1時間は昼休み)に自由に見学できます。
 このような形で、苔を多くの市民の皆さんに身近で見て頂く機会を設けて頂きました第四北越銀行 住吉町支店さんには、感謝申し上げます。               by 苔神

017_苔の質問と応答 威徳寺

 2015年三月上旬、新潟市西区にある威徳寺にスナゴケ(和名:エゾスナゴケ、学名:Racomitrium japonicum Dozy & Molk.)を使った石庭が作られました。その後、2018年12月に経過(№16)を報告しました。
 しばらく報告していませんでしたが、今回、2019年5月、2019年12月、2020年5月の状況をまとめて報告致します。

 2019年5月12日 観察(施工後4年2ヵ月経過)
17%20q%26a1.jpg
 
17%20q%26a2.jpg
 
 2019年12月11日 観察(施工後4年9ヵ月経過)
17%20q%26a3.jpg
 
17%20q%26a4.jpg
 
 2020年7月26日 観察(施工後5年4ヵ月経過)
17%20q%26a5.jpg
 
17%20q%26a6.jpg
 
 5年の間にすっかりエゾスナゴケは定着しています。さらには三尊石の周囲にウマスギゴケが自然繁殖しています。本来はウマスギゴケの生息環境ではなかったものが、エゾスナゴケの繁殖によって環境が変化し、ウマスギゴケが生息しやすくなったものと考えます。苔には環境を変える働きがあると、長期間の観察によって気が付くことができます。                 by 苔神

016_苔の質問と応答 威徳寺

 2年ぶりに、威徳寺の庭を取り上げます。前回は№015 2016年9月8日でした。
 2015年三月上旬、新潟市西区にある威徳寺にスナゴケ(和名:エゾスナゴケ、学名:Racomitrium japonicum Dozy & Molk.)を使った石庭が作られました。威徳寺の住職さんが苔神の指導の下、自ら苔を移植しました。それから4年が経とうとしています。
 2018年12月31日、年末に用があって出かけたついでに、観察に行ってきました。
 
16%20q%26a1.jpg
 
16%20q%26a2.jpg
 
 年末の新潟市内は雨の日が多く、苔にとって気温は低いものの良い環境だと言えます。密集状態を形成したコロニーは驚くほど分厚くなって、こんもりとして来ました。所々に繁殖してきたウマスギゴケ(学名:Polytrichum commune Hedw.)が、少しづつ広がり、コロニーを形成しそうになっています。また、威徳寺の管理が行き届いているのでしょう、雑草が一本も見られません。白砂の波紋も美しく、苔庭としては上級の部類に入るのではないでしょうか。
 引き続き、今後も観察して行きます。                   by 苔神

027 京都 泉涌寺妙応殿 仙山庭

 5月14日、京都市東山区の泉涌寺妙応殿の仙山庭でウマスギゴケの修繕を行いました。
 この庭園は重森三玲の作庭と言われ、石と苔と砂の独特な景観をもっています。近年、そのウマスギゴケが衰退して、見るに堪えない、ということから、苔の修繕工事を実施しました。
 
27_nyusenji_1.jpg
  施工前の苔の衰退状況
 
 4月28日に事前調査を行い、苔がウマスギゴケであること、基盤の土が排水性の高い山砂であること、光量は十分にあること、潅水量が少ないこと、ウマスギゴケは野筋の天頂部の部分の傷みが激しいこと、一部、地衣類が侵入して繁殖していること、などを把握しました。
 
27_nyusenji_2.jpg
  傷んだ部分を除去して苗を移植
 
 修繕面積は約7平方メートル、㈱嵐北商事で栽培されたウマスギゴケの苗を50ケース使用しました。施工は苔神の指導の下で、松寿園の重泉保会員(画像参照)が行いました。
 ウマスギゴケの庭園での育成で重要なのは、仮根です。ウマスギゴケは土中の仮根から、毎年、新株を発生させます。この新株が発生することで、世代交代とコロニー形成が自然に行われるようになります。従って、ウマスギゴケを移植する時には、まず、十分に育成された仮根を持つ苗を選びます。㈱嵐北商事は土田一義会員の指導の下で3年前からウマスギゴケの栽培を始めて、今年から、出荷できるようになりました。
 また、移植作業で注意しなければならないのは、庭園の基盤土の保水性と排水性がウマスギゴケの育成に合っていなければなりません。泉涌寺の現場は排水性が高く、特に野筋の天頂部は保水性が極端に低くなっていることから、基盤土の保水性を高める改良を行いました。
 
27_nyusenji_3.jpg
 
27_nyusenji_4.jpg
  施工完了の仙山庭
 
 施工は、午前8時から開始して、午後4時には終了。移植したウマスギゴケの管理として、しばらくの間はたっぷりと潅水して乾燥を防止すること、ウマスギゴケの茎高が15㎝ほどの高さになったら、倒伏防止のため刈り込みを行い、茎高を制御すること、などをアドバイスして来ました。
 しっかりと管理すれば、ウマスギゴケは定着し、繁殖してくれます。
                                  by 苔神

026 ウマスギゴケの倒伏枯死防止法

 ウマスギゴケは枝分かれせずに、年3~5㎝ほど成長します。従って、庭園のウマスギゴケは4年以上経つと、10~15㎝ほどの茎高になります。伸びた茎の下部は次第に劣化して土壌化して行きます。そのため、ウマスギゴケは倒れやすくなります。本来、ウマスギゴケは毎年、土中の仮根部から新株が発生し、コロニーを保持する生態を有していますが、庭園のウマスギゴケの倒伏枯死現象は、この仮根が未発達であるために新株の発生が少なく、コロニーが倒伏し易くなるために起こるものです。

26_sodatekata_1.jpg
           庭園のウマスギゴケの倒伏枯死現象

ウマスギゴケの倒伏枯死現象を防止する方法は、毎年伸び続けるウマスギゴケを刈り込んで茎高を調整します。おおよそ5~10㎝程度の茎高になるよう、ハサミやバリカンで刈り込みます。でも、庭園を管理する庭師の方は、なかなか怖がって刈り込みをしようとはしません。庭師の方が怖がるのには、それなりの理由があります。
 伸び過ぎた茎高を刈りこむ時、もし仮根が生育していない場合、刈り込んだ株は全面的に枯れてゆく上に、新株が発生しなければ、そのウマスギゴケは全滅してしまう恐れがあるからです。苔神がこれまでに調査した結果では、まず、庭園に移植されるウマスギゴケの苗に問題があること、そして全面的な枯死を恐れて茎高調整をしないこと、これが倒伏枯死現象を多発させていると考えます。
 そこで、苔神では仮根の育成を重視したウマスギゴケの栽培法を工夫し、さらに仮根を定着させる移植法を工夫しました。このやり方で庭園にウマスギゴケを移植すれば、茎高調整のための刈り込みをしても、全面的な枯死を発生させることなくコロニーを維持することができます。
 2016年6月に播種して育てたウマスギゴケの苗を、2018年2月27日に全面的に刈り込みしました。その後、約2か月後の5月3日には、新株が一斉に伸び出し、新しいコロニーを形成し始めました。ご覧下さい。(下記画像)
 
26_sodatekata_2.jpg
           2018年2月27日 刈り込み前の栽培苗
 
26_sodatekata_3.jpg
           2018年2月27日 全面的に刈り込みした苗
 
26_sodatekata_4.jpg
           2018年5月3日 新株が発生してきた苗

 ウマスギゴケの古い株を刈り取った後、新しい株が発生することは、これまでのフィールドワークで多数観察して来ました。自然界ではこうした再生作用が働いて、コロニーの維持を図っていますが、それを人工的に再現することはなかなか難しいものです。
 これからの庭園でのウマスギゴケの移植や管理については、十分に仮根が育った苗を使用すること、仮根を定着させる移植法を用いること、茎高管理の刈り込みを行うことを、苔神は提案します。                             by苔神

035 育てるこけ玉

 こけ玉を育てるのは難しい!と思っている方はたくさんいるようです。確かに、ケト土やミズゴケを使って作られたこけ玉は育てにくいものです。ですが、こけ玉を育てることを難しくしている一番の原因は、苔を巻いて糸で固定する時、緩くしてしまうことです。こけ玉の苔をきれいに見せるために、糸を緩くして固定しまいがちですが、こけ玉の場合、苔がしっかりと固定されないと、活着せずに枯れてしまうことが多いのです。
 苔をしっかりと固定するように、糸で少しきつめに巻いて止めれば、苔は活着して新芽を伸ばし、きれいに育ちます。糸でしっかりと固定すると、苔は見た目にはややつぶれたように見えますが、苔を育てるのであれば、このやり方が正しいのです。
 
35%20kokedama1.jpg
 上:2017年5月31日 苔神オリジナル こけ玉ポットを制作して育成開始。
 
35%20kokedama2.jpg
 上左:2017年8月25日 約3か月   上右:2017年10月22日 約5か月
 
35%20kokedama3.jpg
 上:2017年12月8日 約6か月 きれいに育ちました。
 
 掲載した画像は、昨年5月末に作成した苔神オリジナルの土を使用しないこけ玉ポットです。ハイゴケドライシートを巻いて、糸でしっかりと固定しています。なんだか苔がつぶれているように見えますね。これを家庭用コンテナに入れて育てます。管理は水をやるだけです。
 3か月ほどで新芽が伸び出し、半年後にはふんわりとしたコロニーで覆われ、きれいなこけ玉に育ちます。こうして育てたこけ玉のポットに、お気に入りの植物を植えれば完成です。
 こけ玉の苔が汚くなった、枯れた、という問い合わせがたくさん寄せられましたので、照会しました。
 
35%20kokedama4.jpg
 上:つい最近、長寿梅の紅白を手に入れ、こけ玉ポットに植えてみました。
  By 苔神

034 新潟南イオンカルチャー教室

 2017年7月24日、苔玉インストラクターの横山恵里子会員が講師を務めるカルチャー教室にお邪魔しました。この日は、5名のかわいい小学生の受講生たちが、口径60㎜の苔玉ポットの制作にチャレンジ。およそ1時間の間に、多肉植物とシノブの苔玉を2個制作しました。
 
34%20kokedama1.jpg
 上:新潟南イオンカルチャー教室 小学生の苔玉づくり
34%20kokedama2.jpg
 上:制作した苔玉 作った苔玉を育成中
 
 横山インストラクターは新潟南イオンカルチャー教室の他に、NHKカルチャー教室や新潟日報カルチャー教室でも活躍しています。7月中に60名の受講生に苔玉づくりを指導しました。
  By 苔神

033 大分県こけ玉愛好会

 2017年7月9日~18日、大分県に在住する会員の児玉博好さんが主宰する「大分県こけ玉愛好会」が、道の駅原尻で苔玉の展示会を開催し、多くの人が訪れ大変な好評でした。
 
33%20kokedama1.jpg
 
 「大分県こけ玉愛好会」は50名ほどの会員が集まり、児玉会員の指導の下、苔玉づくりを楽しんでいます。毎月定例で苔玉づくりを楽しみながら、時々、道の駅や公民館などで発表会を開いたり、展示会を開催しています。
 
33%20kokedama2.jpg
 
 今回の目玉は、植え替えのできるポット苔玉です。ポットの口径80㎜と60㎜のサイズで、花木苗を植えました。土を使用しないポット苔玉を、児玉会員が初めて作り、皆さんに紹介しました。初めて見る新しいこけ玉の作り方に、皆さん、驚いていたようです。
 「大分県こけ玉愛好会」への問い合わせは 090-3320-9237(児玉)にどうぞ。
                                  By 苔神

032 苔玉インストラクター養成講座 3月

 2017年3月、東京の小林稔会員(会員№0202-17101)が講座を受講し、苔玉インストラクターの資格を取得しました。
 3月22日(水)講座研修の第1日目は、新津丘陵近辺を歩いて、苔を観察するフィールドワークを実施。時々みぞれ交じりの雨が降る寒い日でしたが、苔を中心とした植木屋を目指す小林さんには、スギゴケに特化した技術を指導することにしました。スギゴケが自生する数か所を観察した後、三条市のスギゴケを栽培する圃場を見学、さらに、胎内市まで足を延ばして、広大に広がるウマスギゴケの群生地に案内し、サンプルを採取しました。
 
32%20kokedama1.jpg
 
 3月23日(木)、研修第2日目は、初日に採取したウマスギゴケの栽培実習をこなした後、苔玉づくりの技術実習。朝8時半から、夕方5時まで、6種類の苔玉の制作技術を学び、さらに、苔神の新作のテーブル庭園を制作しました。
 
32%20kokedama2.jpg
 
 テーブル庭園は浅い皿、砂、エゾスナゴケドライシート、景石を使用して、ミニチュアの石庭を表現します。この他にも、灯篭や垣根などを加えれば、製作者オリジナルの庭園が造れます。制作技術が簡単なので、講習会向けにお勧めします。
 3月24日(金)、研修第3日目、苔の基礎知識、栽培技術、圃場の整備方法など、半日にわたる座学を学んで、小林会員は苔玉インストラクター養成講座を修了しました。
 新しいテーブル庭園の技術講習をします。会員の皆さん、受講して下さい。
 また、4月23日(日)に、仙台市西公園で開催される「平成29年度 第70回 春の植木市」で、午後1時から、協賛事業として園芸講習会「みんなでお庭をつくろう」苔編で講習する予定です。
  By 苔神